千曲市営水道ビジョン

2019年5月8日

安全かつ安定した水を供給し、健全な事業経営を確立するため千曲市営水道ビジョンを策定しました。

はじめに(208KBytes)

第1章 千曲市の概況と水道事業の沿革(853KBytes)

第2章 現状の分析と課題(4MB)

第3章 経営の方針(479KBytes)

第4章 実現に向けての事業計画(1.98MBytes)

第5章 経営計画(1.54MBytes)

第6章 事業の評価(518KBytes)

資料 おわりに(1.52MBytes)

 

 

 

計画期間の延長について


 千曲市水道事業は、平成22年2月に「千曲市営水道ビジョン」を策定し、平成22年度から平成31 年度までの10年間の水道事業の総合的指針を定めました。
 令和2年度以降については、本来であれば次期「水道ビジョン」を策定し、健全な事業経営のために新たな計画に基づいて事業を推進していく必要があります。
 しかし、平成29年度より長野県企業局と千曲市の広域化(連携、統合)について協議を進めており、令和2年3月末までには最終的な方向性が示される予定です。長野県企業局との広域化の判断は、今後の千曲市水道事業の経営に大きく影響することが見込まれます。
 そのため、次期「水道ビジョン」について、長野県企業局との広域化を踏まえた計画策定となるよう、現在の「千曲市営水道ビジョン」の計画期間を延長し、施策を継続実施することとしました。
なお、事業経営につきましては、引き続き平成28年度に策定した「千曲市水道事業経営戦略」に基づき、取り組んでいきます。

関連ワード