『第7回信州粉もん祭り』が開催されました

2018年11月16日

第7回粉もん祭り

 

11月11日(日)、JAながの ちくま・埴生支所にて第7回信州粉もん祭りが開催されました。

 

信州粉もん祭りとは?

 

県産小麦の色々な地粉を使用した粉もん料理を紹介して、地粉の普及・消費拡大を図ことを目的としています。

長寿日本一の長野県は、各地に粉もんの食文化があり、受け継がれてきました。又、県内ではパン、うどん、菓子に向く小麦が生産され、自給率向上、地産地消を担っています。しかし、食の多様化が進んだことで地粉と郷土の粉食との係わりが薄れ、家庭で粉もの料理を調理する機会も減少しています。そういった中で、家庭と粉食の距離を縮めるべく、開催されているのが信州粉もん祭りです。

今年度のテーマは『家族で愉しむ粉もん料理』でした!

 

 

 

 地粉うどんの販売・手打ちうどんの講習会を行いました。ご自分で打ったうどんを手に「今日食べるよ」と仰っていた方の笑顔が印象的でした。  

 

 うどん講習会

 

 「信州の夢」うどん食堂 では、大勢のお客様がおにかけうどんを美味しそうに食べていました。

 

 

 うどん食堂

      

 

 

 

 

晴天の中、多くのお客様にお越しいただき、最終的にはおよそ1,000名のお客様が訪れてくださいました!!

 

 

関連ワード

お問い合わせ

農林課
農業振興係
電話:026-273-1111